2009年02月12日

遺言書の検認

遺言書の検認とは相続人に対し
遺言書の存在及びその内容を知らせると
ともに遺言書の形状、加除訂正の状態、
日付け、署名など検認の日現在における
遺言書の内容を明確にし遺言書の偽造・変造を
防止するために行なう手続です。

自筆証書遺言、秘密証書遺言を保管または発見した人は
遅滞なく家庭裁判所に提出して検認を受けなければ
なりません。

公正証書遺言は検認の必要がありません。


posted by SSS at 18:03 | 遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。